はじめに

メンズ専用ヒゲ・ムダ毛ケアコスメとして長らくヒット商品であり続けているゼロファクターには、5αSPシェイブジェルと5αSPローションとがありますが、ここではそのローションの方に注目して、その効果を支えている有効成分がどんなものなのか、主なものを見ていこうと思います。

スペアミント油

化粧品の場合、薬事法の第61条の決まりにより、配合量の多い順に成分が表示されます。

なので、有効成分に先立って水やエタノール、グリセリンが表示されているのです。

5αSPローションの有効成分は11種類ありますが、表示の中で一番早く登場する有効成分が、スペアミント油です。

ミドリハッカから取り出される油です。

ペパーミントと香りが似ていますが、スペアミント油の方が甘みが強く、清涼感やリラックス感を与える香料です。

その為、化粧品用だけではなく、ガムや歯磨き粉にも使用されます。

香料としての効果以外に、抗炎症作用や収れん作用がありますし、皮脂のバランスも調整するので、化粧水的な効果もあるのです。

量が多ければ刺激を与えたり、アレルギーを引き起こすこともあり得ますが、ローションの配合成分程度の量であれば、問題を起こすことはありません。

パパイン酵素

天然の青パパイヤ、つまり未成熟な果実に含まれる食物酵素です。

肌に優しい酵素と言われますが、それは、不要となった角質だけを分解して除去してくれるという、ありがたい効果を持つ酵素だからです。

毛穴や肌の汚れを分解・除去してくれるのです。

パパイン酵素は脂肪もタンパク質も分解しますので、体毛、つまりヒゲの毛のタンパク質も分解し、それによりヒゲが細くなって抜けやすくなるのです。

それと同時に、他の有効成分が毛に浸透するのを促進する効果もあります。

パパイン酵素はタンパク質を分解する効果があるのと裏腹に、敏感肌の人や、炎症を起こしたニキビのある人が使用すると肌のトラブルにつながったり、更に悪化することがあるので、注意が必要です。

ザクロエキス

ザクロエキスと言うと、女性が妊活で飲むイメージがありますが、肌に対する美容効果も知られていて、飲むサプリもありますし、直接肌に塗る化粧品も登場するようになってきています。

5αSPローションに配合されているザクロエキスに期待できるのは、エキスの成分であるエストロンというホルモンの働きです。

女性ホルモンの代表格、エストロゲンに似た名前であることから想像がつくように、エストロンも女性ホルモンの一種です。

卵巣、副腎、肝臓、脂肪組織で生成されるホルモンで、ザクロの乾燥種子にも100gあたり1mgのエストロンが含まれているのです。

ヒゲが濃くなったり、青ヒゲになるのは、男性ホルモンのテストステロンから5αリダクターゼという還元酵素の働きによって変身したジヒドロテストステロン(DHT)が原因ですから、男性ホルモンに対抗する女性ホルモンであるエストロンには、ムダ毛の抑毛を促す効果が期待できるのです。

オウゴンエキス

オウゴンは、漢字では黄金と書き、コガネバナという植物の根の皮を除いて乾燥したものです。

漢方でよく処方される生薬の一つですが、化粧品の原料としてもよく使われるようになってきています。

オウゴンエキスには抗菌作用や抗炎症作用、抗アレルギー作用があるほか、チロシナーゼ阻害作用もあります。

チロシナーゼは、生成されたばかりのメラニンの成分となるアミノ酸であるチロシンに作用することで、チロシンを黒色メラニンに変えてしまう働きがあります。

そのチロシナーゼの働きを阻害する効果を、オウゴンエキスは持っているので、美白にもつながるというわけです。

オウゴンエキスには、フラボノイド類も成分として含まれているので、紫外線を吸収してくれて、活性酸素も消してくれるのです。

オウゴンエキスも、ほかのいくつかの有効成分と同じく、男性ホルモンを抑制する効果があります。

皮脂の分泌が抑えられますし、ニキビのような肌のトラブルも起きなくする効果があります。

 

アカヤジオウ根エキス

 

漢字で地黄と書くジオウは、ゴマノハグサ科のジオウの根から抽出されるエキスです。

漢方で処方される生薬の一つで、化粧品原料としてもよく使用されます。

それは、保湿効果が優れているだけでなく、皮膚細胞を活性化させる働きがあるからです。

育毛剤にも配合されています。

実は、男性ホルモンが多く産生されると、体毛は濃くなる一方、頭髪は抜けたり薄くなったりするのですが、ジオウエキスには男性ホルモンの産生を抑制する効果があるのです。

ヒゲが濃くなったり、青ヒゲとなる原因はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンであることは、既にお話しした通りです。

これは、代表的な男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素の作用を受けて変身してつくられるものです。

このDHTの生成を、ジオウエキスは抑制する働きがあるのです。

なので、体毛の抑毛アイテムにも、頭髪の育毛アイテムにも、このジオウエキスが好んで配合されるというわけなのです。

私はここを参考にしました→ゼロファクター 口コミ

ガウクルア

ガウクルアと言われてピンと来なくても、プラエリア・ミリフィカと聞けば思い当たる人も多いのではないでしょうか?

女性がバストアップを期待して使用するサプリに配合される人気成分を含む、マメ科の植物です。

タイ北部やミャンマーに自生しているガウクルアは、女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをする成分を含んでいて、植物性エストロゲンと言われます。

女性ホルモンに似ているということで、男性ホルモンに対抗する成分として、ムダ毛の抑毛に効果があると考えられるのです。

サンショウエキス

サンショウは、漢字では山椒と書き、ミカン科の植物です。

山椒の果皮から抽出されるのが、サンショウエキスです。

抗菌作用があり、また、血行を促進する効果が知られています。

最近コスメにも使用されるようになったのは、サンショウエキスに保湿に関係するタンパク質の産生を促す作用があることがわかってきたからです。

まとめ

5αSPローションには、その他にヒオウギエキス、パシャンベエキス、ダイズエキス、チョウジエキスといった有効成分も含まれています。

考え方としては、濃いヒゲや青ヒゲの原因はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンであり、それに対して女性ホルモンと同じ働きをする成分を配合して対抗したり、また、男性ホルモンのテストステロンをDHTに変身させる5αリダクターゼという還元酵素の働きを抑制する成分を配合して、ヒゲを薄くしていこうというものです。

11種類の有効成分のうち、8種類が皮脂腺に多いI型5αリダクターゼに作用し、3種類が毛乳頭に分布するII型5αリダクターゼに作用するのです。

このような成分が、5αSPローションの抑毛効果を支えているというわけなのです。

関連記事


    はじめに これはコスメ製品やダイエットサプリなどにも広くあてはまることですが、ネット上などで目にするレビュー記事を何でもかんでも鵜呑みにしてはいけません。確かに、既に使ってみたというユーザーの評価の…


    濃いヒゲや青ヒゲ対策ができるゼロファクターは、通販でしか取り扱われていません。 店頭に出回っていないので、試す時は通販からの購入になります。 公式サイトからの通販以外でも、値段を気にしないなら楽天やa…


    ムダ毛を処理する作業というものは意外と面倒で時間のかかるものです。 それは専門の脱毛サロンに通っても自分でムダ毛処理をする場合でも同じことだと思います。 特に自分でムダ毛を処理するとトラブルも起きやす…


    髭ってどうして生えるんだろう?なんて考えたことはありませんか? 男性にしてみても、女性にしてみても髭は不要と考えている人が多いとおもいます。 特に髭が濃くて悩んでいる人にしてみたら、なんで髭なんてある…


    髭が生えているかどうかでその人の顔の印象はかなり違ってきますよね。 髭は男性が思春期以降に男性ホルモンの影響によって生えてくるもので、その時期や濃さなどは個人差があります。 体毛には体を守る為などの意…