本場の北海道から通販で取り寄せた蟹は、鍋にするのもいいですが、焼きガニにするのもいいですよね。
焼きガニにするのに、いちばん簡単なのは、魚焼きグリルを使う方法です。
短時間で焼ける上に、上下からの火で焼くので、表面にも焦げ目がついて、まるでプロがバーナーで焼いたみたいになります。
問題は、ちゃんと観察していないと。すぐに焼けすぎてしまいパサパサになってしまうのと、置く場所によって焼け具合が全然違うので、その加減をしなければならない事ですね。
一度やればコツが掴めるので二回目からはとっても簡単です。
私のお気に入りは、焼いた後に少しだけバターを乗せて食べる事。
カニの熱ですぐバターが溶けて濃厚な焼きガニが味わえますよ。

詳しく知りたい方は、こちらをご覧下さい。
↓ ↓ ↓
カニ通販 北海道

お正月の喜ばしい風潮に更なるおめでたさを演出する鍋料理を用意するつもりならば、毛ガニを足してみたらいかがですか?
日頃の鍋も一匹だけでも毛ガニがあるだけで、一瞬のうちに明るい鍋に生まれ変わります。
漁ができる時期に制限があるから、ズワイガニのピークは、大体冬で、時節もお歳暮などの差し上げ品や、おせちの種で好まれているに違いありません。
冬と言ったらカニが味わいたくなる時節ですが、山陰沿岸を生息地にしている松葉ガニに負けない美味しさが、瀬戸内海で獲れる鮮度の良いワタリガニです。
実際の名目はガザミと言われ、近年では瀬戸内を代表するようなカニとされているのです。
毛ガニ通販と言うものは、日本に住んでいるなら一度やってみたいものです。
新春に一家団欒で味わうのもよし、寒い寒い冬ぎっしりとカニの入った鍋をみんなでつつきあうのも日本の嬉しい習慣です。
どちらかと言うと殻は柔軟で、調理しやすい点も快適な点になります。
上質なワタリガニを買い取った場合は、何が何でも蒸すか茹でるかのいずれかで口に入れてみると良いと思います。

季節限定の思わずうなるほどの花咲ガニが食べたいなら、北海道は根室産、味は間違いありません。
遅れたら完売御免なので、さっさとどれにするか決めてください。
卵のある雌のワタリガニの方が、何でもない雄よりも極上品です
。胸の身のところやミソの部分に関しては、雄と雌にあんまり差はないが、卵は貴重で美味しいです。
このごろ、カニ大好き。という人たちの中でなんと「花咲ガニ」が関心をもたれています。
この花咲ガニの8割くらいが水揚されているという北海道・根室へ、はるばる旬の花咲ガニを楽しもうという旅も結構見られるほどです。
北海道近海においては資源保護を願って、地域で毛ガニの水揚げ期間を設けておりますので、季節を問わず漁獲地をローテーションしながら、その鮮度の良いカニを口にする事が出来てしまうということです。
日本でとれる本ズワイガニの方が、段違いに甘みがあり華奢で、甘味が特徴となっている大ズワイガニの方は、淡白な身が広量なので、お腹いっぱいになるまで食するにはもってこいです。

形状など見かけはタラバガニっぽい花咲ガニというのは、幾分小作りで、身を食べてみるとまるで海老のように濃厚です。
また、内子・外子は珍しく格段の味です。
知る人ぞ知る花咲ガニは、体の一面に手強い多くのトゲがするどく尖っており、どうみても脚は太くて短め。
けれども、厳寒の太平洋の海でしごかれた弾力のあるそのカニの身は、例えようがないほどおいしいものです。
手をかけずに食しても嬉しい花咲ガニではございますが、ぶつ切りに切って味噌汁に入れてしまうのもいけます。
本家本元の北海道では、味噌汁にカニを入れたものを「鉄砲汁」と呼ぶのだそうです。
獲ることのできる量がわずかなので、従来は全国流通が難しかったのですが、オンラインの通販が当たり前の時代となったため、日本のどの地域でも花咲ガニを満喫することができちゃうのです。
ズワイガニとは、水深300mくらいの深海に集まっていて、キレイな海に面している山口県からカナダに至るまで幅広く生息している、見るからに大型で食いごたえを感じる食べる事が可能なカニだと言えます。

関連記事

    None Found