膝痛のためにヒアルロン酸注射をするのは、膝の切開をする手術をしないで、
リハビリなどをしなくてすむ時間的なメリットがあります。
メスを入れないため、膝へのダメージもとても少なく、手術をするよりは
抵抗がないと思う方が多いかもしれません。

しかし、膝へのヒアルロン酸注射はメリットばかりではありません。
これまで膝の痛みで湿布やサポーターで膝の皮膚がかぶれて
弱くなっているところに、ヒアルロン酸注射をし、注射針の菌によって、
化膿してしまうような細菌感染になることもあります。

細菌感染してしまい、膝の痛みが増して脚が曲げられなくなり
膝痛が悪化してしまった例もあります。

またヒアルロン酸は人体に害はないのですが、関節の中にうまく注射が
できなくて、漏れてしまった場合激痛に襲われ、体になじむまで歩けないほどの
痛みになってしまうこともあるようです。

このように膝のヒアルロン酸注射は直接ヒアルロン酸を添加することで、
関節液のヒアルロン酸濃度を適正に戻し、膝の動きをスムーズにする働きを
戻すだけであって、軟骨成分が増えたわけではありませんので、根本的な
膝の痛みの改善策ではないわけです。

膝軟骨を増やして、膝の痛みを改善したい場合、膝軟骨を増やすサプリを
飲んでみるというのも手段の一つです。膝痛にいいと評判の北国の恵みは
軟骨成分そのものをサプリにしたものなので、時間はかかりますが、
試してみるのもいいかもしれません。
北国の恵みについてはこちらも参考になります。→ヒアルロン酸注射 膝

関連記事