アンチエイジングの大敵であるお肌の悩みしみ、最大の原因として挙げられるのは紫外線ですが、4月から9月は紫外線量が多くなり、特に気を付けなければいけない季節となります。
日常生活からレジャーなどで浴びた紫外線により、本来はお肌を守るべき働きをするメラニン色素が、紫外線を過度に浴びることにより、メラニンが必要以上に作られてしまいます。
その結果メラニンの代謝が上手くいかず、しみやソバカスになってしまいます。
しみを作らないようにするには、紫外線を必要以上に浴びないことはもちろん、日焼けをしないよう、普段から外出時には日焼け止めクリームを使用したり、帽子をかぶったりサングラスをかけたりするなど対策が必要です。特に目から入る紫外線は要注意と言われています。
また、しみの出来る原因として、にきび、吹き出物の跡や、ストレスによる女性ホルモンのアンバランスも挙げられます。
精神的なストレスがかかると、メラニンを増やすホルモンが分泌されるとも言われていますし、加齢、冷え性や新陳代謝の働きの衰えなどが影響している場合もあります。
しみが作られる過程には、紫外線をはじめ様々な原因がありますが、ストレスを溜めないことや、しみ対策の化粧品、サプリメントを上手に活用して、しみのない綺麗なお肌をキープしたいですね。

詳しくはこちらです⇒しみ 原因

関連記事