ハイドロキノンは肌のシミを薄くしてくれる効果が期待できます。
シミを改善させようと化粧品を使うことが多いですが、化粧品は肌の角質層までしか作用しないと言われており、シミの原因は角質層の下にある基底層にあります。
保湿など肌に足りないものを補うのに化粧品は良いですが、出来てしまったシミに対する効果は薄いのです。
シミを目に見えるレベルで早く変えていくには、医薬品などを使ったり等本格的なケアが必要になります。
そこで「ハイドロキノン」が活躍するのです。
ハイドロキノンは皮膚科などで処方されている薬です。
ハイドロキノンは、美白に良いと言われています。
シミや肝斑を綺麗にするにはハイドロキノンを含んだクークロマクリームがおススメなのです。
ユークロマクリームはハイドロキノンを4%配合しています。
ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われているほど強力です。
強力な漂白作用によって、シミそのものを取り除く効果が期待できるクリームです。
ハイドロキノンにはシミやシワの原因であるメラニンを消失させ、生成を抑制する効果があり、メラニンを作り出すメラノサイトという細胞そのものを減らす効果もあります。
皮膚のシミやソバカスを薄くし、美白効果も期待できます。
ハイドロキノンはニキビ跡の色素沈着や左右対称にできる薄いシミ、そばかすにも効果があると報告されています。
よって、ハイドロキノンを配合したユークロマクリームを使用することにより、美白、シミ改善、シミ予防、にきび跡による色素沈着の改善に効果を発揮してくれるのです。
シミの部分にユークロマクリームを塗っていきます。
シミの部分だけに乗せるように塗り、肌をこすらないようにブラシで薄く伸ばし、塗り終わったらそのまま放置します。
すると、だんだん塗ったところが透明になっていきます。
ユークロマクリームを使用してから一定期間経つと、塗った部分が赤く変化してかさぶたが落ちるようにシミやくすみが剥がれ落ちていきます。
注意するべき点として、使い始めてからすぐ効果が出るものではないので、4週間から6週間は続けること。
そして、クリームを塗ったら日焼け止めを塗り、できるだけ日に当たらないように気をつけることです。
それから、ユークロマは強力な漂白作用がありますので、皮膚への刺激があります。
皮膚に疾患のある場合は使用しない方が良いでしょう。
塗り始めて3日から5日に塗ったところが赤くなり若干腫れ、かゆみが出る場合が多いです。
保湿をおこなってかゆみを抑えていきます。
腫れやかゆみなどが起こったりして辛い症状が出てしまいますが、こうした症状がシミやシワの改善につながっていると言え、普通の美白化粧品では考えられないほどの効果を実感できます。
シミやソバカスをとにかくなんとかしたいと言う場合は、試す価値は大いにあると言えます。
気になった方はこちらも参考にしてください。⇒ハイドロキノン ユークロマ

関連記事


    毛穴に詰まった汚れにより、肌にニキビができる原因になります。 毛穴が汚れることでアクネ菌が繁殖するので、肌が炎症を起こしてニキビができる仕組みになっています。 なので、水だけでは毛穴の汚れを洗い通せな…


    基礎化粧品の悩みは今まで何度経験してきたか分かりません。 パーフェクトワンをシリーズで購入して、高いお金を支払って後悔したことも1度や2度ではありません。 化 粧水だけを使うこともできずに、乳液や美…


    スキンケアの目的は、化粧品を活用して肌を手入れすることで、健やかな肌を保つことにあります。。 化粧品を正しい順番で使っていけば、より化粧品の効果を高めやすくなります。 出勤前の忙しい時間帯の朝でも、化…


    ムースのような軽い付け心地の日中用美容ベースクリームに、凹凸もなめらかにカバーしながら、保湿美容とエイジングケア成分で素肌も守ってくれるパウダリーファンデーション。 さらにシルクとパール配合で、ふんわ…


    若くなることができる成分として、あのクレオパトラも使用していたと言い伝えのあるプラセンタ については聞いたことがあるでしょう。 抗老化や美容は言うまでもなく、大昔から優れた医薬品として使用され続けてき…