外壁塗装を専門の塗装会社に依頼するときに多くの会社を比較すると思いますがその中でも自社施工と下請け施工という文字を見るかと思います。
実際にそれらの広告を見た際には非常に多くの広告にて自社施工という記述がなされており実際に多くの場でも自社施工を行っている会社を選択すべきという意見を多く見るかと思います。
ではそれらの明確な違いとはなにかということについて説明していきます。
自社施工とはその会社の中に塗装を専門とした職人が存在し実際に仕事もその会社のその人物に依頼することになります。
しかし下請け会社は依頼を行った会社が実際に他の下請け会社にいる職人に仕事を仲介する役割となる会社となるということです。
ですので下請け会社に依頼した場合は依頼した会社にさらなる要求を行っても仕事を行っているのはさらなる下請けの会社となるわけなので仕事に関しての保証や要求に関しては自社施工を行っている塗装会社を選択するという風潮が非常に強くなっています。
しかしながら下請け施工にも下請け会社の中でも非常に丁寧な仕事を行う会社ももちろん多く自社施工においても仕事としては少し希望が通らない部分がある会社なども少なくないのでそれぞれの会社を選択する際には確認やそれらの会社を利用した方の意見などをよりしっかり確認を行うようにするとよりよい外装塗装を依頼することができるでしょう。
詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。⇒外壁塗装 自社施工

関連記事