現在あなたが持っている空いた土地を太陽光発電施設にして活用しませんか?
現在、土地は持っているけどまったく何もしていなかったり、駐車場などで利用はしているけどあまり車が止まっていなかったり、農地ではあったけど、今は全然利用をしなくなってしまったり、あまり作物を作っていないなど空いている土地や利用しても全税イかせれていない土地はありませんか?
そんな土地を利用するために太陽光発電施設を利用するというようなことが考えられます。
太陽光発電施設は、業者と契約することによって20年間賃貸借契約をしてくれますから、長期的な安定収入が期待できるようになっています。
もちろん貸与甲発電で得られた電力によっても収入を得ることができますので、そこからの収益を上げることは可能なのです。
また、土地に関しては太陽光発電だけに利用するというわけではなく、設備を設置している傍らで余ったところを農地としても活用する方法や土地に生えてきた草を動物に食べさせるなど管理と牧畜を両方やるなど二重に土地活用ができるような部分もあります。
余っている土地を太陽光発電で有効に活用して、現在よりもより大きな収益を得るような活用術をやってみてはいかがでしょうか?
詳しく書いてるので参考にしてください。⇒太陽光発電 活用術

関連記事


    FIT導入により太陽光発電の接続台数が急激に増えたことで、一時地方電力会社の電力系統が危機的な状態に陥りました。 一般的に電力会社の発電量は、需要量を予測しながら決められます。 これは水のように貯めな…