コレステロールと言う言葉はよく耳にしますが何となく体に悪いものというイメージがをお持ちの方は多くないでしょうか?
健康診断の際、悪玉コレステロールが多かったなどイメージはあまり良くないですよね。
そんなコレステロールとは一体何なんでしょう?
コレステロールとは脂質の一種なのです。
大きく分けて2種類あり、食事によって摂取するものと、我々の体の中で作られるものとがあります。
コレステロールにももちろん良いなメリットはあります。
例えば体の細胞膜や性ホルモンの材料になる大切な栄養成分になります。
しかし、コレステロールをたくさんとり過ぎてしまいますと、体の中にコレステロールが増加していき生活習慣病を招いてしまう危険があるのです。
このことがコレステロールが嫌われる理由の大きな要素ですね。
そんなコレステロールをどんな食べ方をしたら適正値になるのでしょうか?
体の中のコレステロールは、およそ3分の2が糖質や脂質を材料にして体の中で作成されたものなのです。
あとの残りが食べ物から直接とり込んだものと言われます。

つまり、体の中のコレステロールは自分でつくる量の方が圧倒的に多く、食事からのコレステロール摂取量が直接血中総コレステロール値に反映されるという事では無いのです。
そのためコレステロールを減らすをと思うなら食事のみで考えるのではなく適切な運動を行うなど外部的要因も必要となってきます。例えばタバコを吸わないようにする、肥満を解消する、このようなこともコレステロールを減らす大きな要因となるのです。つまり食生活を見直すことでコレステロールはある程度の調整ができるわけです。
そして正しい栄養バランスの良い食事を心がけとけば必然的にコレステロールの問題から解放されるはずです。まずは規則正しい生活とバランスの良い食事を心がけることがとても重要となります。

ひとてまいについて、詳しい情報はここ⇒ひとてまい 口コミ

関連記事


    家の子ですが中2になるまではずっと順調に背が伸びていたのですが、 中学の終わり頃からその身長の伸びも止まったのかも知れません。 体調もよく崩すようになったし、子供本人もちょっと悩んでいるようでした。 …


    膝痛のためにヒアルロン酸注射をするのは、膝の切開をする手術をしないで、 リハビリなどをしなくてすむ時間的なメリットがあります。 メスを入れないため、膝へのダメージもとても少なく、手術をするよりは 抵抗…


    増大手術、よく週刊誌の広告で見かけたりしますよね。 そんな雑誌広告を目にして増大手術を受けたのがこの私です。 ただ、ペニス増大手術により後遺症が残っています。 被害者を増やしたくないため、ここに経験談…