最近ではスロージギングの全国的な流行と共に脚光を浴びるようになったカサゴやハタといった魚を狙う根魚ジギングですが、この釣りで釣果を得るにはしゃくり方にコツがあります。
そもそも根魚と聞くと泳ぎが下手で海底付近にベッタリとへばりついているイメージを持っている人も多いかもしれませんが、それは大きな間違いです。
もちろん、潮が極端に早いときはそうした状態の場合もあるかもしれませんが、特にハタ類などは基本的に海底から数メートル浮いた場所で静止してエサを探している場合が多いです。
この事からジグが着底後に海底から数メートルの範囲はくまなく探る必要があります。
ベタ底ではなくてある程度海底より上のタナまでジグをしっかりと動かすことによって周囲の魚に対する大きなアピールにもなります。
そして、もう一つのコツとしてはジグがフォールして着底後のアタリに細心の注意を払うということです。
根魚というのは基本的に上から落ちてくるものに対して強い興味を示します。
なので、ジグをフリーフォールさせている間も竿先にアタリとして伝わっていなくても海底付近の根魚はジグの動きに注目しているものと考える必要があります。
そして、着底して最初の1巻きにアタリが出る事が多いのですぐに反応してアワセを入れて下さい。

ジギングについて、こちらのサイトも参考にしてください⇒ジギング

関連記事

    None Found