外壁塗料がどのくらいもつのか、つまり耐用年数は「約10年」と言われています。これはあくまでも目安となり、実際は異なることが多いです。そもそも耐用年数とは何を指すのかと言いますと、塗料(ペンキ)を塗ってからどれだけの期間を保護してるのかが耐用年数となります。耐用年数の目安が約10年ですが、それぞれの自宅によって耐用年数に差が出てしまうのが現状です。その理由として挙げられるのは、まず【立地条件】です。家を建てている場所が山側や海側、都会など建物が建っている場所によって異なります。例えば、海側だと潮風の影響を受けやすいので痛みが早くなってしまいます。次に【環境で左右される点】です。立地条件と似ていますが、雨が降りやすい場所や日光を浴びやすい場所寒暖の差が激しい場所であれば、耐用年数が短くなってしまう可能性が高いと言われています。そして【塗装業者のレベル】が耐用年数に影響します。下地処理を怠ると耐用年数を縮めてしまいますし、塗料の量や濃度によってもどのくらいもつのかが違ってきます。【建物の構造による違い】という点も耐用年数に影響します。木造、モルタル壁、サイディング構造などによっても耐用年数が変わってきます。必要なのは自宅の構造によって適切な塗料を選ぶことが重要です。それから、耐用年数の寿命を判断する一つとして「見た目」で分かることがあります。外壁にカビや藻が発生したり、ひび割れやチョーキングが現れたら、塗り替え時期が迫っている兆候です。外壁塗装をしてどのくらいもつのかは、自宅の立地や構造によっても異なるので一概に言えない部分もありますが、耐用年数を伸ばすために自宅にあった塗料を選ぶことや外壁の様子を目で見て状態を判断することが大切になると言えます。

外壁塗装について、こちらにも詳しく書いてありますので参考にしてください。
⇒ 外壁塗装 どのくらいもつの

関連記事